バストアップエクササイズの方法

バストアップの方法としてエクササイズがあります。いくつかバストアップに効果のあるエクササイズを紹介します。
テレビでも紹介された大胸筋を鍛える方法です。

■①背筋を伸ばした状態で両手を胸の前で合わせて、手のひら同士を押し合います。
息を吐きながら、合わせたままの両手を胸の左前、右前と動かします。
こうすることでバストが下がらないように筋力をつけることができます。

■②次に片方の腕を上に上げて二の腕の部分を5分ほどかけて揉みほぐして脂肪を柔らかくします。
柔らかくなった部分の脂肪をバストの方へと寄せ集めるようにしてマッサージしてください。
こうすることで脂肪がバストへ移動して、バストが大きくなるのです。

このエクササイズを毎日15分続けていくことで、バストアップできます。
1日に長時間やるよりも、毎日コツコツ続けることが大切です。
このエクササイズは年齢に関係なく効果を実感できるそうです。

大胸筋はバストの土台にもなるためとても大切です。
大胸筋を鍛えていないとバストは垂れたり、広がったりしてしまいます。
形が崩れるとバストサイズも小さくなります。
エクササイズなどできちんと大胸筋を鍛えることで、バストにハリもでて形もよくなりバストアップもできるのです。

■他にも「腕立て伏せ」という方法もあります。
腕立て伏せで大胸筋が鍛えられるので、バストアップできるのです。

早くたくさんやるのではなく、少しの回数でもいいためゆっくりしっかりやる方がいいです。
腕力のない人は膝をついて腕立てをするといいです。

美しさを保つ❝バストの美容方法❞とは

みなさんは、美容のために何か努力をしていらっしゃいますか?美容と一言にするには、幅が広いのですよね。
ダイエットをしているという方、食生活に気をつけている方、また、美肌によい生活を心がけている方、美脚マッサージをしている方、プロポーション維持のためにエクササイズをしている方など、様々だと思います。

美容の前に、もちろん、健康維持ということは大事なので、いくら美容に気をつけていても、不健康では意味がありません。
ですから、食べないダイエットで病的に痩せてしまうことなどは、美容のことを考えているとは思えません。
健康的に美しくなってこそ、本当の美しさではないのでしょうか。

美しい肌や、きれいな体のラインをキープするためには、バランスよく栄養が取れる食事をして、エクササイズも程度におこない、睡眠もきちんととって、たまには気晴らしができるようなストレスのない生活が理想的です。そして、規則正しく生活することも、大切なことですよね。

このように、美容ために出来ることは沢山ありますが、最近、美容でも、「バストの美容」についてメディアでも取り上げられる機会が多くなりました。バストの美容とは、バストアップのためにどのようなことをしたら良いかと言うことです。

例えば、バストのためによい食べ物や、バストアップのサプリメント、また、バストの美しさを保つマッサージや、筋トレなどです。
なかでも最近はマッサージや筋トレが注目されていますが、基本的に食べ物の栄養バランスは外せません。

経験のある方も多いと思いますが、無理なダイエットで、栄養バランスが悪い食事を続けていれば、バストの張りもボリュームもなくなってしまいますよね。

バストのパーク靱帯について

バストのお悩み、バストアップの情報を調べていると「パーク靭帯」と聞きなれない言葉を耳にすることが多いかと思います。

パーク靭帯は、バストと体を結びつける重要な役割を持って、この靭帯が緩むことでバストは下がってしまいます。

また、激しいバストアップケアや激しい運動をした時にプッツリ切れてしまうことがあり、一度切れてしまいましたパーク靭帯は2度と修復することはできません。

バストと体を結ぶ靭帯が切れることによって「自力」でのバストアップは不可能になりますから、自力での無理なバストアップは控えた方が良いでしょう。

但し、パーク靭帯が切れてしまっても美容整形にかかれば、バストアップや豊胸手術をする場合は、「脂肪」を注入して改善することは可能です。

バストの悩みを解消しませんか?

女性のバストサイズはいろいろあります。
比較的小さめバスト、貧乳の場合はバストアップを願う女性も少なくありません。

それでは、なぜバストが小さいのか。どうすれば大きくなるのか。
その原因とバストのしくみから探ってみましょう。

女性のバストはバスト内の女性ホルモンの分泌が促進することにより乳房脂肪と乳腺が発達して膨らみます。
ですからこの女性ホルモンの分泌が少ない方の場合は、バストが小さくなります。

さらに痩せた体では体全体の脂肪量が少なく乳腺脂肪も発達しないのでバストが小さくなります。
そして大胸筋の筋力不足などこれらの要因により小さいバストになってしまうと考えられます。

それではバストアップするためにはどうしたらいいのでしょうか。
いくつかの方法を紹介します。
●まずは女性ホルモンの分泌を増やすことです。
●バストアップクリームを塗って、女性ホルモンの分泌を促進させる。
●女性ホルモン分泌させるサプリメントを摂取する。
●マッサージをして刺激をする。
●さらに脂肪量を増やすには、食事で良質なたんぱく質や脂肪分を摂取することです。
●カロリーの高いものなどを選んで食べるといいです。

バストアップ体操なども聞いたことがありますが、あれは大胸筋を鍛えるものです。
このような体操を取り入れたりすることによりバストアップをすることもできます。
3つの要因の中で自分が当てはまるものを考えて、その対処法を実践してみましょう。

ここではこの中のバストアップクリームに注目してみていきます。