バストのパーク靱帯について

バストのお悩み、バストアップの情報を調べていると「パーク靭帯」と聞きなれない言葉を耳にすることが多いかと思います。

パーク靭帯は、バストと体を結びつける重要な役割を持って、この靭帯が緩むことでバストは下がってしまいます。

また、激しいバストアップケアや激しい運動をした時にプッツリ切れてしまうことがあり、一度切れてしまいましたパーク靭帯は2度と修復することはできません。

バストと体を結ぶ靭帯が切れることによって「自力」でのバストアップは不可能になりますから、自力での無理なバストアップは控えた方が良いでしょう。

但し、パーク靭帯が切れてしまっても美容整形にかかれば、バストアップや豊胸手術をする場合は、「脂肪」を注入して改善することは可能です。